M22

シミやくすみの治療は非常に奥が深いものがあります。単純に「シミ」と一言で言っても、様々な種類のシミがあり、そのシミの種類によっても治療法は大きく異なりますし、肌質によっても最適な治療法は変わってきます。
シミ治療のマシンも性能がどんどんと進化し、スマートフォンや数々の電化製品のように「高機能化・多機能化」が進んでいます。
「最新のスマートフォンや電化製品を購入したが、その性能を十分に使いこなしている気はしない」
そう実感している方も多いのではないでしょうか。
シミ治療のスタンダードとなった光治療(フォトフェイシャル)の最新機種 『M22』 もその典型例です。

各種メディアでも大きく取り上げられてきたこのマシンも驚くほど多機能化が進んでいます。シミの状態や種類、肌質に合わせた最適な光や照射方法を的確に選択することで、シミ治療の効率が格段にあがります。
M22 はマシンの名前を指定してご予約いただくことが多い機種です。 もちろん素晴らしいマシンがクリニックに設置してあるかどうかも重要ですが、それ以上にその素晴らしく進化した性能を十分に発揮する照射技術があるかどうか、そのほうがはるかに重要です。
進化したマシンの性能を十分に引き出されないまま、マシンを稼働している例は残念ながら多く存在します。
「最新機種」という広告のみでクリニック選びをしてしまう危険性はそこにあります。最新機種ということで治療費は上がりますが、期待した効果を得られないということになってしまいます。

当院ではM22導入以来、すべてのお客様に対して院長の橋本がその時のシミの状態や肌質に合わせて照射を行って参りました。照射後の大切な予定の有無などのスケジュールによっても照射方法を変える必要があります。
反応も見ながら常に光の種類や強さ、ショット数を微調整し続けるため、最高のクオリティを追求すると看護師任せにすることが困難なためです。

当院のM22は院長の施術で顔全体で¥22,000(税込)でございます。
コース設定などはございません

シミ治療はその時の肌の状態に合わせて治療を行います。そのため、コース料金の設定をあえてしておりません。
わざわざコースを組んでいただかなくても、他のクリニックでコースを組んだ際によりもお安い金額になるように設定しております。
これが相場よりも治療費を安くしている理由です。

「今回はM22よりも違う治療のほうが行いたい」 という場合でも、コースを組んでしまったばかりにM22を 「コース消化」 として当てなければならない。 こんなナンセンスなことはあってはならないと思いますが、残念ながらこのようなことが実際に起こっています。
経営サイドの理由から生まれるコース設定が、治療の質を下げてしまうよい例です。

関連ブログ