ニキビ治療

ニキビ治療で最も大切なことは「ニキビ痕を残さない」ということです。そのためには、赤く炎症を起こしてしまったニキビは一刻も早くその炎症を沈静化させる必要があります。万が一炎症をこじらせてしまった場合、最悪の場合にはクレーター状の目立つニキビ痕が長年にわたり残ることがあり、これは何としてでも避けなければなりません。

当院では色素沈着や長引く赤み、そしてクレーターなどのニキビ痕を残さないために、あらゆる手段を講じていきます。近年では保険診療で処方可能なニキビ治療薬のラインナップも充実してきましたので、適切に肌に合う物を上手に取り入れることでうまくコントロール出来る人も以前よりかなり多くなりました。肌の症状を見ながら、現状での適切な薬剤を一緒に見つけていきます。
また、あらゆる処方薬を用いてもなかなか改善しない重度のニキビの方に関しては、適切な自費診療を症状にあわせて加えることで症状の改善を狙っていきます。

ニキビに対する当院の治療

保険診療による処方薬

塗り薬(ベピオ、ディフェリン、デュアック、エピデュオ、ゼビアックスなど)や内服薬(各種ビタミン剤)を症状やお肌の状態によって的確に処方致します。
抗生物質の内服治療は基本的に不要なことが多く、腸内環境の乱れを生じる懸念や耐性菌の問題から基本的に処方は致しません。

プラズマ治療

NeoGen(ネオジェン)

皮膚のターンオーバー促進による毛穴の詰まり解消と、プラズマによる除菌作用、炎症を抑える作用はあらゆるニキビの状態の改善を期待できます。

プラズマペン

炎症を起こしているニキビにプラズマのエネルギーをピンポイントで作用させ、早い鎮静を狙って跡が残りにくいように処置していきます。

ダーマペン4

ニキビの状態に合わせた施術を行うことで、すでにあるニキビを早く落ち着けるだけでなく、新たなニキビが出来にくい肌質を目指していきます。

各種ピーリング治療

導入治療

レチノール系コスメ

ホームピーリング

ビトレックス トリアクティブ

飲む日焼け止めのヘリオケアを開発したことで有名なスペインのメーカーが開発したニキビ治療の新しい薬です。
独自開発の2種類のレチノール系成分に、植物由来の抗菌ペプチド、各種ピーリング材が配合されています。

アゼライン酸クリーム

海外ではニキビ処方薬として大きな位置づけの一つのアゼライン酸を20%含む外用薬。

重度のニキビに対するその他の自費処方薬剤

症状に合わせて上記治療を組み合わせることでほとんどの例がコントロール良好となりますが、これらの治療を行っても症状の改善が乏しい重度のニキビの場合には十分なご相談のもとで下記薬剤を併用する場合がございます。

スピロノラクトン

利尿薬として利用されてきた薬ですが、男性ホルモンの影響を抑えてくれる働きもあります。そのため男性ホルモンの悪影響が大きいタイプのニキビに有効です。(女性でも男性ホルモンの影響でニキビが生じている場合があります)

イソトレチノイン(アキュテイン、ロアキュタン、イソトロイン)

日本国内では胎児奇形の副作用リスクから未承認薬剤ですが、重度の難治性ニキビには劇的な効果が得られることが多いため、十分にその特徴を理解した上でメリットがリスクを上回ると判断できる方には試してみる価値の高い薬剤です。

低容量ピル

ピルの処方は婦人科専門医の診察が必ず必要と考えております。当院では「広尾まきレディスクリニック」の手塚院長(女医の先生)と綿密に連携をとり、必要に応じてピルの処方と管理を行っていただいております。